Unityで360度画像を表示する方法

Unity

今回は、Unityで360度画像を表示する方法を

解説します。 

予め、360度の画像を用意しておいてください。 

スポンサーリンク

まずは全球体のモデルと 360度画像をUnityのプロジェクトに入れましょう。 

全球体のモデルは こちらを使うといいです。

Sphere100.fbx
Shared with Dropbox

そしてこの spere100を シーンにドラッグして 

サイズを変更します。 

サイズは X =-100、Y =100、Z =100 ぐらいにする。

もしくはそれ以上。 

X軸は マイナスにして 反転を防ぎます。

次に 360度画像を spere100【球体】にドラッグして 

貼り付けます。 

貼り付けて うまく表示ができていない人は 

spere100の インスペクターから 

シェーダーを unit → textureにして 

その下にある 四角いマスの所に 画像を入れましょう。

ゲームビューで 視点をクルクル 見渡せるようにしていきましょう。 

せっかくなので、視点移動もできるようにしていきましょう。

これは StandardAssetに入っている 

rollerodyFPSControllerを使えば 簡単にできます。

 ※ StandardAssetのエラー解消はこちらの入門記事に書いています

まず StandardAssetをインポートして 

その中に rollerodyFPSControllerのプレハブがあるので 

それをシーンにドラッグします。  

場所としては、 球体の真ん中ぐらいに配置するのがいいでしょう。 

そのままだと 落ちてしまうので 

インスペクターから リジッドボディの所にある

重力をOFFにします。 チェックをはずせばOKです。 





これで 再生してみると 

ゲームビューで360度 視点で見れます。 

このとき マウスカーソルが消えてしまいますが 

ESCキーを押せば 復活します。 

こんな感じに 配置するといいですよ。 ↓ 

球体の真ん中らへんに入れるのがコツです。

これで360度画像を好きなように見ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました