Unity☓Cluster入門。Clusterにワールドを作ってみよう

VR関連

今回はCluster入門になります。
Clusterはメタバースのプラットフォームサービスです。
VRChatと同じように、VR空間で見れるワールドを作ることが出来て
そのワールドを自由に閲覧することが出来ます。
VRでも見れますし、ブラウザでも見れます。

Clusterは操作も簡単ですし、ドキュメントなども充実しているので
VR入門としてはちょーオススメのプラットフォームです。

今回は、Clusterのセットアップからワールドを作って
そのワールドをアップロードして、見れる状態にするまでを
解説していきます。 

まずは、ClusterとUnityを使いますので 
それぞれアカウントを取得しておいてください。 

Clusterはこちらです。

メタバースプラットフォーム cluster(クラスター)
「cluster (クラスター)」はスマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べるメタバースプラットフォームです。

では次にUnityをインストールしていきます。
Clusterが使えるvrが決まっていまして
今ですと、2019.4じゃないと使えませんので注意してください。

なので、2019.4vrを入れていきましょう。
UnityHubを開いて→インストール→2019.4を入れます。

もしUnityhubに表示がされていないという人は 

サイトから、2019.4をインストールしましょう。
【2019.4のやつならどれでも大丈夫です】

Get Unity - Download Archive - Unity
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...



では次にモジュールを追加します。 

インストール画面の歯車マークから、モジュールを追加。 

そして、この3つを選択してインストールします。

Windowsの場合なら
Androidビルドサポート
IOSビルドサポート
MACビルドサポートを入れます。

【今回はWindowsを使っているので、MACビルドサポートを入れます】

逆にMACを使っている人は
Androidビルドサポート
IOSビルドサポート
Windowsビルドサポートを入れます。




そしたら次に、Creator Kitを導入していきます。
これはテンプレで入れる方法とUnityの中から入れる方法の2種類がありますが。
今回は、Unityの中から設定する方法を見ていきます。

ではUnityを開いて 

Unityのメニュー Edit →Project Settings →「Project Settings」ウィンドウを開きます。
そして「Package Manager」を選択し、「Scoped Registries」に以下のように追加します。



Nameに Cluster
URLに https://registry.npmjs.com
Scope(s)に mu.cluster

と入れましょう。 入れたら適応するを押します。


次にPackage ManagerからCreator Kitパッケージをインストール

します。

メニューのWindow → Package Manager
 → MyRegistries→ Cluster Creator Kitを

インストールします。



そしたら最後に 

メニューのEdit →Project Settings
Player → Other Settings → Rendering →Color Space を
Linear【リニア】に変更します。

これで下準備の完了です。

では次にコンポーネントの設定をします。

Clusterでは2つのコンポーネントを使います。

SpawnPoint(プレイヤーの出現ポイント)と
DespawnHeight(プレイヤーが消滅する高さ)です。


まずは、ヒエラルキーで空のゲームオブジェクトを追加します。

そしたら、インスペクターのコンポーネントを追加から
DespawnHeightを入れましょう。

DespawnHeightを入れると、Scene画面に
黄色の板が出ると思います。
Playerがこの黄色の部分にふれると、SpawnPointに
戻るようになります。

ですので、自分の作ったフィールドよりも、下の所に
この板を配置しましょう。 


では次にplaneを入れて 
そこにSpawnPointを追加しましょう。

SpawnPointを入れると、緑の球体が出ます。
ここが出現ポイントになるので。 フィールドのちょい上ぐらいに
配置するといいでしょう。







ではいよいよ、作ったワールドをClusterに
アップロードしていきます。

まずはClusterにログインをして
マイワールド→アクセストークン→トークン作成をしてください。




そしたら、Unityの画面に戻って 

メニューにあるCluster→「ワールドアップロード」で
トークンを入力します。

後はサムネイルとワールド名とワールドの説明を記入して
アップロードボタンを押しましょう。
これで完了です。





アップロードが無事に出来たら 

Clusterの画面に戻って、マイワールドを見てましょう。

因みに今回、サンプルで作ったワールドはこちらで見れます。

SpaceWorldvr1.0|メタバースプラットフォーム cluster(クラスター)
宇宙です。#ClusterGAMEJAM

本当は花火も入れて、結構スクリプトもつけているんだけど。

花火のアセットも対応していないし、スクリプトもClusterでは動かないので
Clusterで見ると、ただの宇宙になってしまったwww。

Clusterでは、使えないアセットも多いしスクリプトが起動しないので 
そのへんは注意が必要です。

【マテリアルシェーダーは使えるみたい】



コメント

タイトルとURLをコピーしました